新人ナースがクリニックで勤務する難しさ-「辞めたい」とすぐなる前に

新卒でいきなりクリニックというのは、絶対にない話ではないと思いますが、もし相談されたら止める方が多いのではないでしょうか。

もしクリニック勤務を臨まれる場合、次のようなことが起こりうるということをご認識の上で勤務をお考えいただければと思います。

1) 教育体制の問題

まず、クリニックにいらっしゃる看護師さんはベテランの方が多く、「自分のことは自分でできる」という即戦力の方々が大半です。また、クリニック側としても、そのような方を望まれています。

そのため、教育体制が整っているということころは少ないでしょう。クリニック側も指導するように強くは言えないでしょうから、もし看護業務を教えてもらおうと思ったら、よほど世話好きな方がいない限り求めることは無理でしょう。

結果、「雑務だけしか回ってこない」ということになりかねません。後々のことも考え、しっかりと教育体制の整った病院でしっかりと勉強したほうが良いと思われます。

2) 人間関係

クリニックでは、同期らしい同期もおらず、近い年齢のナースがいることは少ないでしょう。そのため、必然的に年の離れた、先輩ナースたちと接することになります。

そうした環境で仕事をすることの困難さもあります。同期や、近い年齢の先輩看護師のほうがやはり相談しやすいですよね。

3) 将来性

将来的なことを考えると、やはり病棟勤務を経験したほうが、後々に役立つと思います。

病棟勤務を経験せずに、いきなりクリニックでは、将来「つぶしが利く」とはなかなか言いづらいと思います。求人の点で言うと、病棟勤務のほうが圧倒的に多いですからね。

以上です。
結論としては、よほどの事情などがない限りは、いきなりクリニックよりは病棟での勤務が望ましいと思います。もしクリニックから病院への転職をご希望ならば、「マイナビ看護師」や「ナースコンシェルジュ」といった人材紹介会社が力添えをしてくださると思います。ぜひ御相談していただければと思います。

オススメ人材紹介会社一覧

会社名特徴
マイナビ看護師
有名な人材紹介会社で、登録されている方も多いですね。まずはこちらから登録してみてはいかがでしょうか。
ナース人材バンク
年間利用者数は10万人を超え、国内最大級の看護師さんの転職支援サービスです。全国16拠点で展開しているため、地方に強いという特徴もあります。
ナースJJ
転職支援金が、総額最大35万円という会社です。転職での引っ越しなどの出費が予想される方は、ご利用いただいてはいかがでしょうか。
ジョブデポ看護師
圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を出してくれるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする