看護師就職・転職用の履歴書を用意するための3つのポイント

看護師就職・転職のため、履歴書を書くことは避けることができません。そもそも、そんなに書く機会がしょっちゅうあるわけでもないので、書くことで緊張したり、「これで本当に良いのだろうか?」などと疑問に思って、なかなか進まないなんてことがありますね。

そこで、看護師の皆さんが履歴書を書く上で、ぜひご参考にしていただきたい3つのポイントについて今回、ご紹介したいと思います。

1) まずは心構え!ゆっくり・丁寧に

「私は字がヘタで…」と悩まれる方がおられますが、皆さんが皆さん、字が綺麗なわけではありません。ヘタでもいいんです!「ゆっくり・丁寧に」を心がけて書きましょう。

また、基本的なことですが、「修正液は使ってはダメ、間違ったら新しい履歴書を書き直す」「文字の開始位置はできるだけ揃える、余白は揃える」といったことは注意しましょう。

2) 写真の印象も重要

スピード写真でも結構ですが、できるだけ写真館などで撮ってもらった方が、仕上がりが良いことが多いです。

また、髪はきちんとまとめ、スーツ姿で撮っていただいた方が無難と考えられます。とにかく「真面目に働いてくれそう」といった印象の写真を用意しましょう。また、パソコンで処理する際、解像度が荒かったり、色合いが悪い・暗い写真、表情が暗いといった写真はNGです。

基本的なチェックポイントとしては、
・サイズは、縦4 cm×横3 cm
・3ヶ月以内に撮ったもの、帽子やサングラス着用は当然NG
・背景は白もしくは青
・ネクタイや襟、髪が乱れていないか、前髪が目にかからないように
・顔は真正面で、顎は上げない。
・口元は微笑んでいる。
といったものがあり、ご注意ください。

3) 間違えやすいポイントに注意-最低2回はチェック

間違えやすいポイントとしては、
・履歴書の日付は、郵送の場合は「投函日」、持参する場合は「持参当日」
・学歴と職歴は分けて書く。
・職歴で省略名などは避ける。
などはご注意ください。

志望動機を書く場合は、医療機関の理念などに沿っているかどうかしっかりとチェックしましょう。自分よがりになっていてはダメです。逆に言えば、医療機関の理念を調べてkらなら、書きやすいんじゃないでしょうかね。

なお、卒業年度早見表‐西暦・元号対応表つきを参考にすると、年度を間違えにくいと思います。ぜひご参考にしてください。

以上です。
履歴書はまず、自分という人間を採用側に知ってもらうための重要書類です。ミスや悪い印象を与えないためにも、最低限のルールを守り、しっかりとチェックしましょう。

もしご不安なら、人材紹介会社などに対応してもらっている場合、キャリアエージェントにチェックしてもらいましょう。「マイナビ看護師」などでは、しっかりとアドバイスしてくださるようですよ。

オススメ人材紹介会社一覧

会社名特徴
マイナビ看護師
有名な人材紹介会社で、登録されている方も多いですね。まずはこちらから登録してみてはいかがでしょうか。
ナース人材バンク
年間利用者数は10万人を超え、国内最大級の看護師さんの転職支援サービスです。全国16拠点で展開しているため、地方に強いという特徴もあります。
ナースJJ
転職支援金が、総額最大35万円という会社です。転職での引っ越しなどの出費が予想される方は、ご利用いただいてはいかがでしょうか。
ジョブデポ看護師
圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を出してくれるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする