看護師が「うつ病での休職」から転職を成功させるための3つのコツ

看護師として勤務中に、うつ病を発症した方もいらっしゃると思われます。職場での人間関係や、仕事が忙しくて疲れてしまった、など色んな要因でうつ病となりえます。

復職を考える方もいらっしゃるでしょうけれども、休職したことをきっかけに転職を考える方もいらっしゃるでしょう。

うつ病での休職からの転職を成功させるためのコツについて今回は書いてみたいと思います。

1) まずは休養第一

まずはしっかりと休みましょう。病状が思わしくないときに転職活動をしても、望ましい結果は得られません。

少なくとも主治医と相談し、転職活動を開始していいかは確認しましょう。休養継続を指示されたら、無理をしないようにしましょう。

2) 無理のない勤務の条件を考える

復帰して、再休職するのでは元も子もありません。無理せず、勤務継続が可能な働き方ができるかどうかを見極めるべきです。

急性期病院なのか、療養型の病院なのか、クリニックでの勤務なのか、といった選択から、夜勤の勤務も可能なのかどうか、通勤時間はどうか、見学できるようであれば、職場の雰囲気はどうかといったこともチェックポイントとなると思います。

3) できることならば面談時に打ち明ける

入職後に体調を崩した場合、「実はうつ病で治療していました」と打ち明けるよりは、入職前に、夜勤の制限や業務内容について、病院側とあらかじめ相談しておいた方がよろしいと思われます。

隠しておきたいというお気持ちも分かりますが、「治療していて、主治医と相談もしており、今は転職活動もできる状態となっています」と言い置いておけば、それほどマイナス要因にならないと思われます。少なくとも、「なぜ前の病院を辞めたのですか?」の質問に言い澱むよりは、よっぽど好印象だと思います。

以上です。
まずは休養ということは、くれぐれもお忘れないようお願いしたいところです。その上で、無理のない働き方については、ご自分だけで考えるよりは、人材紹介会社のキャリアエージェントにご相談し、アドバイスを受けることをオススメしたいと思います。

マイナビ看護師

ナースJJ

ジョブデポ看護師
などの会社がオススメであり、ご登録の上、ご相談されてはいかがでしょうか。

オススメ人材紹介会社一覧

会社名特徴
マイナビ看護師
有名な人材紹介会社で、登録されている方も多いですね。まずはこちらから登録してみてはいかがでしょうか。
ナース人材バンク
年間利用者数は10万人を超え、国内最大級の看護師さんの転職支援サービスです。全国16拠点で展開しているため、地方に強いという特徴もあります。
ナースJJ
転職支援金が、総額最大35万円という会社です。転職での引っ越しなどの出費が予想される方は、ご利用いただいてはいかがでしょうか。
ジョブデポ看護師
圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を出してくれるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする