「病気で勤務継続困難→転職」と安易に考えないで!-看護師としての働き方

持病が悪化したり、新たにメンタルの疾患を発症したりということは、誰しもありえます。特に、ハードに働く看護師さんで言えば、その確率はむしろその他のお仕事よりも高いかもしれません。

そのような方が、「もう、勤務無理!」とあきらめてしまい、そのまま退職・転職するケースも少なからずあります。ですが、まずはそのようにお考えになる前に、ぜひ現在の職場で勤務継続できないか、ということを模索してみませんか?

受診をして、すでに診断もついているような場合でしたら、その主治医にお話をして、診断書を書いてもらいましょう。

できることならば、就業制限(たとえば、夜勤禁止など)についても書かれた診断書が良いと思います。診断書を用意するのは後でも良いと思いますが、そのほうが話が早いです。

その診断書をもとに、看護師長と話をします。その診断書があるから「すぐに退職して」などとは決して言われないはずです。休職するなり、配置換え、勤務時間変更、部屋持ちなどの調整をしてくれるはずです。人間関係が主な理由ならば、異動なども検討してもらうこともできるでしょう。

もちろん、周囲の目は気になるかもしれません。事情をよく知らない人は、何かと言ってくるかもしれません。ですが、まずはしっかりと自分の体のことを大事にするようにお考えいただければと思います。体調が回復すれば、また同じように働けるわけですからね。

もし退職・転職したとして、新たな職場に入職して全てが好転するとは言えないはずです。それならば、少しでも慣れている職場で、働けるように工夫していただいたほうがよろしいかと思います。

オススメ人材紹介会社一覧

会社名特徴
マイナビ看護師
有名な人材紹介会社で、登録されている方も多いですね。まずはこちらから登録してみてはいかがでしょうか。
ナース人材バンク
年間利用者数は10万人を超え、国内最大級の看護師さんの転職支援サービスです。全国16拠点で展開しているため、地方に強いという特徴もあります。
ナースJJ
転職支援金が、総額最大35万円という会社です。転職での引っ越しなどの出費が予想される方は、ご利用いただいてはいかがでしょうか。
ジョブデポ看護師
圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を出してくれるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする