看護師の勤務継続しつつ転職活動か、辞めてから転職活動のどちらが正しい?

転職を考え始め、ようやく意思が固まったところで、「勤務、このまま継続して探そうか、それとも辞めてから転職活動しようか・・・」とお悩みになる方もいらっしゃるようです。ですが、これは断言できると思いますが、ぜひ勤務を継続しつつ転職活動を行うのが正解だと思います。

たしかに、勤務を継続する中で転職活動を行うのは大変です。病院選びになかなか時間を割けないし、病院見学・面談のスケジューリングも大変と思われると思います。

ですが、現在は人材紹介会社も数多く存在し、自分で条件に合った病院をリストアップする必要もないし、おおまかな情報は教えてもらえます。あとは実際に見学に行くということになりますが、2~3施設を回ればいいはずなので、そんなにちょくちょく休まなくても済みます。

たとえば、1ヶ月間に1~2ずつ回るとすれば、2ヶ月ほどで回れます。気に入った施設があれば、時間をおかずに採用面接を受け、内定をもらったらすぐに退職について話をすればいいわけです(法律的には、2週間後には辞められます)。

つまりは、3ヶ月ほどの期間をかけて転職をスケジューリングすれば、十分、勤務継続しつつ転職活動は可能です。もちろん、「どうしても短期間で就職活動を行わなければならない」という方にはオススメできませんが、もし「これから転職活動する。3ヶ月単位の時間はかけられる」という方は、退職を急ぎすぎないことも重要です。

オススメ人材紹介会社一覧

会社名特徴
マイナビ看護師
有名な人材紹介会社で、登録されている方も多いですね。まずはこちらから登録してみてはいかがでしょうか。
ナース人材バンク
年間利用者数は10万人を超え、国内最大級の看護師さんの転職支援サービスです。全国16拠点で展開しているため、地方に強いという特徴もあります。
ナースJJ
転職支援金が、総額最大35万円という会社です。転職での引っ越しなどの出費が予想される方は、ご利用いただいてはいかがでしょうか。
ジョブデポ看護師
圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を出してくれるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする